本文へスキップ

社会保険労務士 中野 花都江(なかの かずこ)

電話でのお問い合わせ 086-805-4556

〒700-0973 岡山市北区下中野349-101

  自分の居場所おうちの中の指定席

1.意識を変える

心得

『家事は女性がするもの』と思っている方へ
本当にそうでしょうか?
脱ぎ散らかした服を
奥様が拾ってまわるのはおかしくないですか?
もし奥様が入院されたらどうなさいます?
今後、奥様の体力は確実に落ちていかれます。
今まで支えて下さった奥様と
助け合って生活していくことが、
そんなにお嫌でしょうか?


2.身の回りの事ができるようになる

家事をするといっても、不慣れな方がはりきると
悲しいかな、失敗が起こり
かえって奥様のお仕事を増やすことになります。
それではご主人もやる気をなくしてしまいますね。

まずは『自分の事は自分でする』ところから始めてみませんか?
新聞や郵便物を取りに行くとか、飲み物を冷蔵庫から出す。
ご自分が使ったコップやお湯呑みを流しへ持っていく。
これくらいならできそうでしょう?

それから、爪切りや文房具等、道具がどこにあるか覚えましょう。
そうすると奥様を一々呼ばなくてもよくなります。


3.家族の為にできる事を考えられる

ご自分の事ができるようになったら
カーテンや窓の開け閉め、お風呂のお湯はり、ごみ出し
と、家族の為にできる簡単な事をやってみましょう。
洗剤の量さえ分かれば洗濯機のスイッチも入れられますよ。


4.できる家事がある

台所の家電製品が使えるようになると、できる事は更に増えます。
奥様にアドバイスを受けてみましょう。

ポット  お水を入れるだけ!
スイッチを押すこともありません。 
電子レンジ  @ 扉を開けて
A 中に食べ物を入れて
B あたためボタンを押すだけ
奥様が留守の時でも温かいものが食べられます。
※ ラップの要・不要や、爆発するものもあります
  慣れるまでは奥様に確認してから!
トースター  食パンを入れてタイマーを回すだけ!
朝食の一品ができます。 
コーヒーメーカー  朝食の時、来客の時 等
役に立ちます。 
炊飯器  お米を研げればお水を入れてスイッチをオン
ご飯が炊けているのといないのとでは
食事の準備は大違いです。 
ホットプレート  下ごしらえは奥様にして頂いても
”焼き”をやってみませんか?
まずは焼き肉から!
※ くれぐれも焼いたお箸で召し上がらないように! 


他にも色々とチャレンジしてみて下さい。


5.ご夫婦の関係は益々円満

まず、会話がはずみます。
奥様にゆとりができ、
お互いの夢や希望を語り合えるようになるでしょう。


6.趣味を楽しむ

友人やご近所の方たちとの付き合い方や、
ご自分たちの趣味について考え、
今後のライフスタイルの構築のために
リフォームを考えてみませんか?
おうちでの自分の居場所(指定席)を作りましょう。


7.充実の人生

ご夫婦でお互いの存在を尊重し合い、良い関係を保ちながら
ご自分だけの時間や空間も確保する。
そんなセカンドライフをお過ごし下さい。



information

おかやま人事ネット21
 中野花都江・事務所

〒700-0973
岡山市北区下中野349-101
TEL.086-805-4556
FAX.086-805-4557